Lightning talk | Japan Stage

Host: United Nations Development Programme

We have 9 years to achieve the SDGs, but it will not be easy with the global challenges such as the climate crisis and the COVID-19 pandemic. it is essential for people to work together with solidarity and share a vision in order to create a sustainable future.
UNDP Goodwill Ambassador Misako Konno shares messages from young people to turn it around for people and the planet.

Message 1
“Everyone Has the Power to Make a Difference”
Members of the Blue Earth Project (Ms. Marina Kikuhara, Ms. Ayu Nakano, Ms. Saya Miura, Ms. Aine Yamashita)

Message 2
“True happiness in a Sustainable Society”
Haruna Kuraishi, a university student / Secretary-General of the Japan Youth Platform for Sustainability

SDGsを達成するまでに残されている時間はあと9年。しかし、気候危機や新型コロナウイルス感染症など、地球規模の課題に直面する中、達成は容易ではありません。持続可能な未来を作るには人々が団結し、ビジョンを共有することが必要不可欠です。
UNDPの紺野美沙子親善大使が、人と地球のために世界を変えようと呼びかける若者からのメッセージを紹介します。

メッセージ1
「世界を変える力は誰もが持っている」 Blue Earth Projectメンバー
菊原麻理奈さん・中野安結さん・三浦紗耶さん・山下愛音さん

メッセージ2
「持続可能な社会における真の幸せを実現するには」
倉石東那さん|大学4年・ジャパンユースプラットフォーム事務局長

Speaker


March 25 @ 10:00
10:00 — 10:15 (15′)
Time Bonn (CET)

Japan Stage

Misako Konno

Watch